忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

ジブリの大博覧会に行ってきた

先週末から今週頭にかけて久々に東京に行ってきました。行った目的はまあイベント取材で、既にレポート記事はUPしてあるので宜しければご覧下さい。

【レポート】「おさわり探偵 なめこ栽培キット」リリース5周年記念イベント「なめこパラダイス」に滑り込みで行ってきた

【レポート】人気LINEスタンプクリエイターが集結!「LINE Creators Festa 2016-スタンプの祭典-」

なお、取材とは関係なく普通に趣味で行ったイベントもありました。その一つが六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーにて開催されている「ジブリの大博覧会」でした。


このイベントでは、「風の谷のナウシカ」から最新作「レッドタートル」までジブリ映画の集大成とも言える貴重な資料が初公開のものも含め多数展示されています。残念ながら主要な展示スペースは撮影禁止でしたが。

展示されているのは、歴代映画の広告やポスター、企画書、キャッチコピーが決定するまでのFaxでのやりとり、プレス・関係者用ノベルティ、グッズなどで、製作過程の秘話が垣間見られる見られる內容でしが…が、見れば見るほど「これは事実上鈴木プロデューサーの仕事展なのでは?」と思えてきました。というか、見た後の率直な感想は「鈴木プロデューサーは大変だな」でした。ジブリの凄さ以上に「いかに宣伝・広告が重要か」がよく分かるイベントです。どんなに天才的なアーティストがいても、どんなに素晴らしいものがあっても、それを上手くPRできなければマネタイズできない。実際、様々な事情でちゃんとした宣伝体制が築けなかったナウシカ〜トトロ&火垂るの墓は商業的には惨敗だったとのこと。象徴的なのは糸井重里氏のキャッチコピーと、それが決定するまでの糸井氏と鈴木プロデューサーとの長〜〜〜〜〜いFaxでのやりとりです。ほんの1行、ほんの数文字の言葉にいかに両者が頭をひねり、エネルギーをぶち込んでいたか。それを垣間見た後には「もう糸井重里氏もジブリの一員ってことでいいんじゃないか?」とさえ思えてきます。実際、糸井氏がキャッチコピーを手掛ける前と後の映画ポスターを比べると明らかに「格」が違うのです。糸井さんのキャッチコピーが入るとポスター全体の印象が締まります。展示キャプションに鈴木プロデューサーも書いていましたが、キャッチコピーとはもはや「文学」なのではないでしょうか。

非常に見応えのある展示物が多く、じっくり見ると3時間以上は確実にかかります。敢えて残念な点を挙げるとするなら、展示物とキャプションがほとんど日本語表記のみで、せっかく入場していた外国人観光客があまり楽しめていなさそうな感じがしたことです。彼らからしたら心底不思議だったでしょうね。読めない字がびっしり書かれている古い紙をそこにいた皆が凝視していたのだから。

とは言え一応写真撮影OKで誰もが楽しめる展示もありました。




ねずみのライトの目の部分がちゃんと光ります。


人気だったので順番待ちの列が凄かったですが。





あと全然期待していなかったのにムチャクチャ見応えがあったのが併設されていた、「空飛ぶ機械達」展。




入場ゲートが「天空の城ラピュタ」のオープニングアニメに出てきた地下掘削用の風車や歯車なんですが、なんと歯車が一つ一つちゃんと動いています。宮﨑駿監督も絶対スチームパンク好きだよな、と分かる作品です。
























これはジブリ作品のイメージのひとつである「空への憧れ」と航空の歴史を表現した特別企画展なんですが、圧巻なのが展示されている模型類!スペース中央には「汚れた大地から」飛び立つ「巨大な船」の模型が設置され、プロペラや櫂などのパーツを動かし点滅・発光しながら上下に動きます。光を効果的に使った展示物なので、夕方〜夜に見るのがオススメです。


夜に行くとついでに夜景も見られます。というか、この夜景と展示を合わせて見ることで、まるでジブリ映画の空飛ぶ機械が東京上空に現れたかのような気分が味わえるよう狙ってスカイビューで開催されているのでしょう。




もちろん展示スペースとは別にミュージアムショップも併設されており、様々な限定グッズが販売されていました。でも私が購入したのは限定でもなんでもない小トトロのぬいぐるみでしたが…


ミュージアムショップの出口に飾られていたトトロのジオラマ。最後の最後まで作り込まれています。 開催期間は9月11日(日)まで。ジブリファンはもちろん、宣伝や広報、PRの仕事に携わっている人なら絶対見るべき展示なので是非。

ジブリの仲間たち (新潮新書)
ジブリの仲間たち (新潮新書)

風に吹かれて
風に吹かれて

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear