忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

500円ポッキリで国登録有形文化財の中で矢口高雄と小島剛夕と能條純一と東村アキコの複製原画400枚を鑑賞できて写真も撮り放題な展覧会

最近更新が停滞しています。それもそのはず、何も作っていないからです。
最近やっと雪が完全に溶けたので積極的に外に出ています。

今日は町の商店街に展覧会を見に行ってきました。


矢口高雄、小島剛夕、能條純一、東村アキコの複製原画400枚が展示されている『蔵とマンガ 異文化交流 序章「マンガアート展」』です。

このブログにも何度か書いているのでご存じの方もいるかもしれませんが、私の町には日本初の漫画専門美術館「まんが美術館」があります。それが市長の提案により”世界有数の「漫画の聖地」”とするため今年から2年をかけて大規模リノベーションされることになりました。それにしても、1995年に当時のバブル景気の残りカスを引きずって建設されたハコモノとは言え、それなりに町の観光資源となっていた施設が2年間も使えなくなるのは大打撃です。そこで、休館中は町内にある施設を代わりに使用し”移動特別企画展”が開催されることになりました。その第一弾がこの『蔵とマンガ 異文化交流 序章「マンガアート展」』です。会場は商店街(横手市増田伝統的建造物群保存地区)の中の蔵カフェ『旬菜みそ茶屋「くらを」』の中にある内蔵(うちぐら)。ちなみにこのお店の内蔵は江戸時代に作られた町内で最も古い内蔵で国登録有形文化財に指定されています。そんなところで有名漫画家の作品を鑑賞する展覧会って全国的にもかなりレアなイベントではないかと思います。


尤も、当然ながら展覧会をするために作られた場所ではないので作品保護のため展示されているのは”複製”原画ではあるのですが、そのため会場内は一般客でも撮影OK(フラッシュはNG)!しかも入場料は大人でも500円ポッキリ!国登録有形文化財の中で矢口高雄と小島剛夕と能條純一と東村アキコの複製原画400枚の写真撮り放題って凄くないですか?


入口はこんな感じ。








矢口高雄先生の原稿。「まんが美術館」の建設は矢口先生が以前から町に陳情していた案が元になっていたとのこと。










まんが美術館は22年間運営されてきたので、その間漫画家の生原稿だけでなくサイン色紙も大量に貯まっており、今回はその一部も展示されていました。












あと会場には「まんが美術館」のリノベーション案も展示されていました。

ゆっくり一枚一枚見ていたら余裕で1時間以上は経ってしまうので、ご来場の際はだいたい2時間くらいの余裕を持ってお越し下さい。

まあ今日がこの展覧会の初日で、私は午後14:00くらいに行ったのですが、ものの見事に来場者は私しかいませんでした。日曜日で、外には町並みや内蔵を見に来た観光客もいたというのにこの動員ってぶっちゃけヤバくないですか?そう、このまんが美術館および主催イベントは施設や企画内容は良いのにPRが洒落にならないくらい下手クソなのです。私が普段ソーシャルメディアPRコンサルタントをやっているから余計にそう感じるのかもしれないのですが、今時美術館の公式ブログはおろかTwitterアカウントやYoutubeチャンネル、LINEアカウント、Instagramアカウントもないって尋常じゃないですよ。一応Facebookページはあるのですが”中の人”による情報発信はなし…。それでも新聞や回覧板にイベントのチラシでも折り込まれていればまだ地元民は「今度こんなイベントがあるんだな」「まんが美術館いつもがんばってるな」とか何とか分かるのですが、それすらないので、観光客どころかそもそも地元民すら今まんが美術館がどうなっているのか?何をやっているのか?を知ることができないのです。オンラインどころかオフラインの情報発信も貧弱なら、どうやって情報を得るか?それは「自分からまんが美術館の公式サイトに行って調べる」「新聞やテレビニュースなど他社メディアの取材を見て知る」のどちらか。これではまともに動員なんて稼げるわけがありません。今の時代、ブログ、Twitter、Facebook、Youtube、LINE、Instagramの存在を知らない人なんていないと思うんですが、中の人および市は一体何を考えているんでしょうね?もしかしてPRというもの自体知らないとか?…何ならPR指導するんで仕事下さい。無論ギャラ有りで。

ということで展覧会自体は非常に見応えがあるので興味のある方は是非行ってみて下さい。




なお、くらをさんは前述のとおり蔵カフェなので飲食も可能です。こちらのメニューも是非お試し下さい。私のオススメは「味噌キャラメルソフト」です。

『蔵とマンガ 異文化交流 序章「マンガアート展」』の概要は以下のとおりです。

内容:
横手市増田まんが美術館全原画収蔵4作家(矢口高雄氏、小島剛夕氏、能條純一氏、東村アキコ氏)の400点を超える作品(複製原画)を展示。 プロジェクターによるマンガ原稿のスライドショー上映。 単行本閲覧コーナー。ほか

会場:
旬菜みそ茶屋「くらを」 展示スペース
〒019-0701 秋田県横手市増田町増田字中町64

会期:
平成29年4月22日(土)~平成29年5月14日(金)
休展日:4月26日(水)、5月8日(月)、5月9日(火)、5月10日(水)

時間:
午前10時~午後4時30分(最終入場は午後4時)
※旬菜みそ茶屋「くらを」の営業時間は午後4時まで

入場料:
一般・大学生 500円、高・中学生 300円、小学生 200円(幼児無料)
※団体割引は10名様から2割引き
※障がい者割引あり

主催:
横手市/横手市増田まんが美術館

協力:
一般財団法人横手市増田まんが美術財団

※5月3日には矢口高雄先生のサイン会も開催されるそうです。詳細はこちら

拍手[0回]

PR

第4回アート作品展 2017 in 秋田市



本日、秋田市に模型作品の展覧会を見に行ってきました。もともとは秋田市の拠点センター「ALIVE(アルヴェ)」にて開催中の別のイベントを取材する予定があり、その詳細情報を調べていたら偶然このイベントの情報も同じページに載っていたのでした。

展覧会の様子はこんな感じ↓





こんなジオラマの力作(しかもそのほとんどが大作)がズラリと並んでいて非常に見応えがありました。タミヤやドイツの模型メーカー「バーリンデン」のキットをベースにジオラマフィギュアをこれでもかと改造しまくった超絶技巧の作品の数々。中には全国レベルのコンテストで入賞した作品があったり、タミヤの情報誌に掲載された作者もいたりして、秋田県にこんなにアツい模型ムーヴメントがあったとは意外でした。今までぜんぜん知らなかった…。しかも今回で「第4回」ってことは過去に3回もやっていたということ。それを今までずっと見逃していたなんて実に惜しいことをしました。もっと秋田県内の情報にアンテナを張らなければならないと心底思いましたね。



もうこんなフィギュアの仕草一つ一つを観察していたらいつまでも鑑賞できます。ずっと眺めていても飽きません。どの角度を切り取っても"絵"になります。

ところでなんで秋田市ってこんなにミリタリー系のモデラーが多いのでしょうか?自衛隊の駐屯地があるから?

拍手[0回]

韮沢靖追悼画集出版記念展示会「BLOOD of NIRA’S CREATURE」











月曜日に阿佐ヶ谷アニメストリート内にある「キャラクターベース」にて開催中の故・韮沢靖さんの追悼画集出版記念展示会「BLOOD of NIRA’S CREATURE」を見に行ってきました。阿佐ヶ谷アニメストリートとは、JR中央線の阿佐ヶ谷〜高円寺間の高架下のスペースを再開発したエリアで、高架下にアニメをはじめとするポップカルチャーに関連した様々なお店が入っています。「BLOOD of NIRA’S CREATURE」が開催されている「キャラクターベース」はアニメストリートの入り口すぐのところにある展示会スペースみたいなところで、面積は正直あまり広くはありませんでしたが、その中に韮沢さんが生前描かれた大型サイズの直筆イラストを中心に様々なオリジナル作品が展示されていました。


入場は無料ですが場内の撮影は禁止。


晩年の韮澤さんは、同じく阿佐ヶ谷にあるギャラリー「白線」にて何度も展覧会&ライブペインティングを開催されており、東京にいた頃私はそれが開催されるたびにいつも見に行っていました。韮澤さんは大概片手にビール、片手に黒の油性マジックを持ってほろ酔い加減で、でも下描きもなく一気にボードに絵を描いていました。普通、酒飲みながら酔っぱらって油性マジックで下描きもなく一気にクールな絵を描くことができますか?プロでもそれができる人って少ないと思います。しかも韮澤さん、手元でどんどん出来ていく絵は凄いのに、それを「凄いことをやっている」風情を一切出さずに、落書きでもしているかのような雰囲気で描いていたのです。そして最後にコピックで彩色して仕上げるのですが、全て一発で決めるその手法は日本画に近かったのかもしれません。日本画家が墨と岩絵の具でやっていたことを、韮澤さんは油性マジックとコピックでやっていたのではないでしょうか。
「BLOOD of NIRA’S CREATURE」で展示されていた大型サイズの作品は、いずれも「白線」で開催された展覧会&ライブペインティングで描かれたものでした。私はほんの数年前にそれらが完成していく様子を目と鼻の先で見ていたのに、それを描いた人はもうこの世にはいない…。それがなんとも切なかったです。

なお、「BLOOD of NIRA’S CREATURE」は今月の26日(日)まで開催されています。前述のとおり無料なので是非見に行って下さい。会場では追悼画集やグッズ類も販売されています。概要は以下。

『BLOOD of NIRA’S CREATURE』
韮沢靖追悼画集
ー出版記念展示会ー
開催日時:
2017年 2月9日(木)~26日(日)
月曜日~木曜日/13:00~19:00
金曜日~日曜日/13:00~20:00
※最終日26日(日)は17:00迄
入場無料
会場:
阿佐ヶ谷アニメストリート キャラクターベース
〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南2丁目40-1

BLOOD of NIRA's CREATURE 韮沢靖追悼画集
BLOOD of NIRA's CREATURE 韮沢靖追悼画集

UNDEAD GREENBLOOD 仮面ライダー剣(ブレイド) 韮沢靖 アンデッドワークス 新装版
UNDEAD GREENBLOOD 仮面ライダー剣(ブレイド) 韮沢靖 アンデッドワークス 新装版

拍手[0回]

奥羽本線のせいでSendai I・Doll VOL.5が惨敗だった件

本日「Sendai I・Doll VOL.5」に出展してきました…が、結果から言うと散々でした。原因は全てJR奥羽本線のせいです。

私は秋田県横手市というところに住んでいるのですが、朝一で新幹線に乗れば仙台で開催されるイベントの搬入時間まで余裕で間に合うんですよね。今回の会場である「夢メッセみやぎ」もかなり辺鄙な海辺にある国際展示場ですが、だいたい10:30頃には到着するんですよ。ところが、今朝最寄りの駅に行ったらなんと上下線双方が雪害のため運休。それでも除雪して1時間遅れで動き出したのですが、動き出した後も途中の駅で止まり続け、なんだかんだ定刻より2時間以上も遅延するという自体になってしまいました。当然予定していた新幹線には乗れず、それでも席を振り替えてもらって仙台まで行くことはできたのですが、夢メッセみやぎに到着したのは12:00過ぎ…。展示即売会系イベントに出展している方なら、開場から1時間を逃すことがどんなに重大なことかお分かりでしょう。来場者は、入場して真っ先にあらかじめ予定していた「欲しいもの」をGETします。それから余った時間で場内を見て周り、その場で見て気に入ったアイテムを購入します。つまり開場から1時間を過ぎた頃には来場者の大半が欲しいものを買ってお金を使ってしまっているのです。そうなると、もう高く設定したアイテムは売れません。ということで、今回の売り上げは東北で活動を開始して以来のワーストを更新。ぶっちゃけ出展料代すら元がとれていません。

ブースの様子は以下のとおり↓










んふんふ(売り子の仕事をしています)


んふんふ?(シャレオツ?)

今回30枚超と過去最多の物量で挑んだのですが、それでもブースの半分しか埋められてませんね。じゃあブース全体に広げるには60枚作らないといけないってことか…。

なお、イベント終了後は家に帰らず上りの東北新幹線に乗り今東京にいます。今回のために製作した新作の大半が残っているので、後で西荻窪の「ニヒル牛」に納品したりminneで通販しようと思います。何気にドール用仮面を東京で販売したのは一回きりなので、むしろ東京のお店で販売することの方がレアというこの状況。オビツヘッド用とSD用ではどちらに需要があるんでしょうか?

拍手[0回]

「親子のスルメ市」に出展してきました

本日2月11日(土・祝)に秋田県横手市増田町の蔵カフェ「旬菜みそ茶屋くらを」(Facebook/Twitter/Google+)にて開催された「親子のスルメ市」に特殊メイク体験コーナーで出展してきました。以下は場内の写真です。


これはまだ準備中。

このイベントではお店の全てのエリアが会場として使用されていますが、ブース出展のメイン会場となっているのは町の中でも最も古い貴重な内蔵(うちぐら)です。そんな貴重な場所を思いっきり装飾しているなんてかなりレア!








さりげなくなめこ。

本日は朝からずっと雪が不離、時間によっては吹雪になることもあり、こんな天候で観光客なんて来るのだろうかとかなり心配でしたが、10:00を過ぎたあたりからかなりたくさんのお客さんが来て下さいました。






私の特殊メイクブースはまあいつもどおりな感じでした。なんだかんだ20人くらいメイクしたでしょうか。やはり他のイベントと同様に小学生くらいの子供が大半でしたが、中には敢えて顔にメイクした大人のお客さんもいらっしゃいました。




本日はイベントということでくらをさんのメニューも軽食のみとなっていましたが、軽食とは言えかなり大ボリュームでした。というか全部安い!

なお、イベントは明日2月12日(日)も開催しています。出展内容やタイムスケジュールなどはイベントの公式Facebookページをご覧下さい。また横手市およびその近郊にお住まいの方は是非遊びにいってみて下さい。イベントには「親子」とありますが、大人だけでも十分楽しめます。

拍手[0回]

Clear