忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

(おそらく)フィンランド最古のハンドメイド材料店にしてタンペレ最強の模型屋「Harraste」

昨年のフィンランド渡航の際にヘルシンキで驚異的な品揃えのハンドメイド材料店「Hobby Point」を発見し、今回の渡航でも時間を作って行ったのですが、そのお店と同等、もしくはそれ以上のレベルと思しき凄い店を偶然発見してしまいました。それが模型店の「Harraste」です。


このお店の何が凄いのか?それは…


日本のメーカーの品揃えが半端なく充実しているのです。扉に扱っているメーカーのステッカーがベタベタ貼られていたのですが、「Kyosho」のロゴがあるのが見えるでしょう。他にもタミヤ、フジミ模型、ハセガワの商品も取り扱っていました。人口550万人の北欧の国の、しかも地方都市でこの充実っぷりはちょっと凄くないですか?さらにフィンランドはEU圏内。つまり欧州の模型メーカーの商品も一通り揃っているのです。スケールモデル、それもジオラマを作っている方なら「ドイツのあのメーカーの商品がもっと手軽に安く買えたらなあ…」なんて思うこともあるでしょうが、それがここには揃っています。


私が「ここは本格の店だ!」と確信したのはこちらの棚。これは無発泡ウレタン樹脂(キャスト)などのレジン系の棚なんですが、この店が独自に1kgの缶と小瓶にクリスタルレジンとその硬化剤を”小分け”して売ってるんですね(左の青いラベルが貼られてるやつ)。ただ市販の商品を仕入れて並べているのではなく、本来なら業務用として大きな容量で販売されているような材料も一般人が買いやすいように独自に小分けセットにして売っているというわけです。こういうことをしている店は信頼できます。


ここは一応模型店でプラモデルや鉄道模型、ジオラマ製作に必要なものやそのキットを販売しているんですが、それ以外の材料も所狭しと並べています。なぜか折り紙もあり。

 




しかし圧巻なのはタミヤの品揃え!もちろんタミヤも海外展開しており、ラベルや注意書き、説明書を多言語にした海外市場向け商品をリリースしていますが、それらに加えて日本向け商品も取り寄せて一緒に棚に並べているのです。まあそのため日本語のまま売られているんですがお客さんは大丈夫なんですかね?もう日本語云々関係なく使い方や作り方を完全に熟知しているガチなモデラーが買ってるとか?いずれにせよこんなに並べているということはちゃんと売れているってことなんでしょう。タミヤに限って言えば品揃えの豊富さはヘルシンキの「Hobby Point」よりもこちらの方が上です。


時計の針とムーブメントだけ別売りされているのも良いし、針のデザインもまた良い!タンペレはつくづくアンティーク調&スチームパンク好きに優しい風土ですね。


アクセサリー資材も一通り揃ってます。小売りなのに価格が浅草橋とだいたい同じ相場!


こちらは塑像に必要な材料をまとめている棚で、油粘土、水粘土、ブロンズ粘土、小麦粘土、蜜蝋、使い捨ての型取り剤「アルジネイト」、小分けされた粉末石膏、プラスターバンテージ(ギプス用に包帯に粉末石膏がまぶされたやつ)が並んでいます。つまり!アルジネイトとプラスターバンテージと石膏があるということは、特殊メイク&特殊造型用の人体型取りも可能ということ!ちなみにこの棚には小分けされる前の40kg袋の石膏もそのまま売られていました。街のお店で石膏40㎏を買えるってなんて頼もしいんでしょう!


そしてこちらは…棚全部が樹脂粘土!FIMOの各色はもちろんのことスカルピーもバッチリあります。ヘルシンキでスカルピーを衝動買いしてタンペレまで持ってきたというのにタンペレでも普通に売ってたwww もうフィンランドは彫刻天国ですね。


仮面の土台は一枚2ユーロという激安っぷり。自分の彫刻するのがアホらしくなりますね。フィンランドに移住したら仮面なんて作り放題ですよ。




レイテックス(液体ゴム)もあった!油粘土があって、アルジネイトがあって、プラスターバンテージもあって、石膏もあって、その上レイテックスまで揃ったら、もう最低限の特殊メイク&特殊造型の作業ができてしまいます。


もちろん型取り用のシリコンもあったのですが、それに加えて既製品の両面シリコン型まであったのには驚きました。これは戦場を再現したジオラマ製作でたくさん必要になる「兵士」のフィギュアを自分で好きなだけ複製できるシリコン型。フィギュアのモールドはもちろんのこと湯口まであらかじめ切られており、後は輪ゴムかテープで両面を合わせて固定しキャストを流せば即量産可能です。種類も、馬に乗った第一次世界大戦前までの昔の兵士から大砲とセットになった兵士、銃を構える兵士、ただ普通に立ってる兵士などポーズも様々。っていうか海外では両面型も市販されているんですね。
この他にも壁一面、天井ギリギリまでプラモデルが押し込まれ、積み上げられていたのですが、私がいる間ひっきりなしにお客さんが出入りし、そこであまりバシャバシャ写真を撮りまくっても迷惑になるかと思い慎みました。それでもこれだけ撮っちゃったけど。とにかくこの店さえあればモデラーはツール、材料を一切持たずにタンペレを訪れても滞在中に何か作品1つを作ることができます。私は「この店さえあれば来月からタンペレに引っ越せと言われても生きていける!」と本気で思いました。というかもう移住してしまいたい。
なお、この記事を書くにあたり改めて同店のサイトをチェックしましたが、なんでも創業1958年のフィンランド最古のハンドメイド材料店とのこと。1958年って海洋堂より老舗ですよ(海洋堂は1964年創業)。フィンランド最古のハンドメイド材料店がタンペレにあるというのも、それだけこの街の人は昔から何かを作ることを趣味にしていた人が多かったという現れなんでしょうね。ということでモデラーの方はタンペレ訪問の際は是非この「Harraste」に行ってみて下さい。タミヤ商品のあまりの品揃えの良さに「ここって本当にフィンランド?!」という気分になるでしょう。


拍手[0回]

PR

【備忘録】タンペレで見つけたものの時間が無くて入れなかったハンドメイド材料店「Porcellana」

このハンドメイド材料店「Porcellana」は、タンペレにてフィンランド独立100周年記念の日にポケモンGOをやりながら街をほっつき歩いていた際に偶然発見したのですが、残念ながら時間がなくて実際に入店することができませんでした。そもそも冬のフィンランドは店が閉まる時間が早くなるうえに、独立記念日は祝日なのでどの店も臨時休業になっちゃうんですよね。
ということで備忘録としてここに写真を貼っておきます。もしまたタンペレに行く機会があったら次は必ず入店したいと思います。








だいたい店のショウウィンドウというのはその時に一番売りたい目玉商品を飾るものですが、それが樹脂粘土の「FIMO」って良くないですか?あとクリスマスが近かったのでリースやクリスマスツリー、オーナメント、クリスマスカードの材料なんかも並べられていました。この一押し商品のラインナップからもこのお店の品揃えの豊富さが分かるというものです。


無地の箱やらマグカップやら人形やらは、絵付けやポーセラーツ、デコパージュの土台として販売されているのでしょう。
 

この真っ白なノームも、もちろんこのまま飾っても良いでしょうが、ポーセラーツでデコレーションしてもよさそうです。店内を覗き込んだらやはりそれ用のツール類や素材、材料があったので、おそらくここは女性向けのハンドメイド材料店かと思われます。場所はこちら↓これからタンペレに行くというハンドメイドクラスタはよかったら行ってみて下さい。

拍手[0回]

タンペレで見つけたハンドメイド手芸材料店「Merletto」

前エントリに引き続き昨年のフィンランド渡航で見つけたハンドメイド材料店のレポートです。

11月28日〜12月7日まで、取材のためフィンランドのヘルシンキおよびタンペレに行ったことは既に前エントリに書いたとおりですが、滞在後半に行ったタンペレという地方都市がハンドメイドクリエイター的にも大変魅力的なところでした。というのも、この街は20世紀初頭に欧州全域でもかなり早い時期に水力発電を始め、それを礎として急速に近代化・工業化を成し遂げたところなのですが、もともと市民の大半が工場で製造業に携わる職人だったため、男女を問わずプライベートでも何かを作ることを趣味にしていた人が多かったとのこと。現在はIT都市へと変貌した今でもその名残からハンドメイドが盛んだそうで、市内のあちこちにハンドメイド材料を扱う路面店があったし、クリスマス時期の風物詩「クリスマスマーケット」でも地元民によるハンドメイド作品の販売が行われていました。

この「Merletto」は街歩き中に偶然に発見したハンドメイド手芸材料店です。


冬なので毛糸大売り出し。


外からも分かるリボンとチロリアンテープの品揃えの良さ。この時点で「これは本格の店だ」と確信し入ってみました。


店の外からはハンドメイド手芸材料店のように見え、実際その通りだったのですが、実は奥の方にもう一つスペースがあり、そこにはありとあらゆるアクセサリー資材と工具が揃っていました。例えるなら新宿オカダヤの4~6階を全て1フロアの路面店にしたようなお店です。そのうえヨーロッパだから日本に入ってきていない材料もあるし。EU圏内だと他のEU諸国で作られたものも安く販売されているんですよね。関税ないから。なので物によっては日本よりもお買い得価格になっているものがあるので”北欧は何でも高い”という思い込みは捨てるべきでしょう。


あとフィンランドは位置的にロシアの隣国なのでロシア製の材料も入ってきています。上に写真にあるマトリョーシカ柄のリボンなんてロシアならではという感じです。こんな変わった柄はなかなか日本では手に入らないので、海外に出たらお土産よりもまずハンドメイド材料店に行きましょう。このお店は駅から徒歩5分程度のところにあるアクセスも便利なところなのでオススメです。場所はこちら↓

拍手[0回]

模型専門SNS「Fig-Mo(フィグモ)」にユーザー登録してみました

1月1日に新たな模型専門SNS「Fig-Mo(フィグモ)」がオープンしたことをTwitterで知ったので早速ユーザー登録してみました。



運営しているTech系メディア「vsmedia」の記事用に自分のプロフィールページのスクリーンショットを撮ったんですが見事になめこまみれですね。というか秋田県に帰ってきて以降の代表作がなめこばかりという有様だし…んふんふ!

以前は「fg」という模型専門SNSに作品写真をUPしていたのですが、2012年頃に何の前触れもなく閉鎖してしまったんですよね。作品写真だけでなく概要などのデータも入力していたので予告なしの閉鎖はマジでカンベンして欲しいものです。

とりあえずFig-MoにはFacebookのアルバムに保存していたフィギュア作品の写真を投稿してみましたが、使った感じはfgに非常に近いです。1作品につき投稿できる写真は8枚までで、もちろん他のユーザーの作品写真を見たりLIKEしたりコメントを残すこともできます。また他のユーザーのアカウントそのものをフォローする機能もあり、機能的にはpixivにより近いかもしれません。

私のプロフィールページはこちら
https://fig-mo.net/user/Chihok

ということでモデラーの皆さんも是非登録してみて下さい。

拍手[0回]

ヘルシンキで見つけた紙ものハンドメイド材料店「Sinelli」

超久々の更新です。

11月28日〜12月7日まで、取材のためフィンランドのヘルシンキおよびタンペレに行っていました。取材記事は既に私が運営しているTech系メディア「vsmedia」と別ブログに書いているのですが、今回新たに見つけたヘルシンキのハンドメイド材料店「Sinelli」がいい感じだったのでここにメモしておこうと思います。

vsmesiaのフィンランド渡航レポートはこちら

別ブログ「ITとゲームとメタル」の旅行記事はこちら



この「Sinelli」は、昨年のフィンランド渡航の際にヘルシンキで滞在したウィークリーアパートに向かう途中の道で偶然発見したのですが、昨年は残念ながら時間がなくて入ることができず、ショウウィンドウを覗いて様子をうかがうことしかできなかったのでした。ありがたいことにここはフィンランドでは珍しく週7日開いている材料店で、今回はどうにかこうにか入ることができました。営業時間は平日と週末で異なりますが(月~金9:30-19:00、土曜日10:00-16:00、日曜日12:00-16:00)、まあ日のあるうちに行けば大丈夫です。
この店はパッと見文房具屋さんで、店頭ディスプレイもそんな感じですが、実際の品揃えはもっと多彩です。




ここに限らずフィンランドの路面店のディスプレイは独立100周年にちなんだものが多かったです。


※浅草橋の問屋ではありません。フィンランド・ヘルシンキです。
このように紙ものの素材だけでなくちょっとしたアクセサリーや造形物の材料まで売っています。


真鍮パーツや超小型の瓶、ケースなど。本当に浅草橋の問屋みたい。


あとデコ用のシールも超たくさん!


これ全部がスタンプパッドです。


こんなでかいスタンプどうやって押すんだよ!と一瞬思いますが、これはスタンプはスタンプでも粘土用のスタンプで、粘土を伸ばした面に押し付けるとひび割れやコンクリ地などが簡単に再現できるというツール。つまりこれ、ジオラマ製作用のツールなのです。


日本ではダイソーで1~2個単位で売られているガラス製のダイヤの置物なんて10個パックで3ユーロくらいで売ってるし。「北欧は物価が高い」と思われがちですが、何もかもが高いわけではなく、探せば日本以上にお得なものがたくさんあります。フィンランドでは「製品」や「サービスは高いですが、「材料」「素材」の状態で買うと日本より安いんですよね。






あと柄が付いているマスキングテープはフィンランドでも大人気なようで様々なタイプが売っていました。和紙テープはフィンランドでも「Washi」で通じるみたいです。ちなみにフィンランド語でTapeは「Teipit」です。
 
ということで浅草橋の問屋が好きだ、紙もの素材が好きだ、細々とした文房具や雑貨が好きだという人は絶対に気に入る店だと思うので、ヘルシンキに滞在する際は是非訪れてみて下さい。場所はこちらです。



その後、昨年行ってあまりの品揃えの素晴らしさに大感激した模型店「HOBBY POINT」に行きました。




残念ながらこのお店は店内撮影禁止なのでショウウィンドウの雰囲気しかお伝えできませんが、もうここはハンドメイドに関するありとあらゆる素材、材料、ツールを扱っている店です。ハンドメイドクリエイターはマジでここさえあればヘルシンキで生きていけます。


今回私はここでドール用の仮面のポリカーボネイト型を購入しました。これさえあれば仮面の土台を彫刻する手間すら省けてしまいます。っつーかそもそもドール用の仮面の型が市販されてるって凄くないですか?まあ球体関節人形の歴史は欧州の方が長いから当然ですけどね。


あとスカルピーも衝動買いしてしまいました。そもそも海外旅行者が衝動的にスカルピーを買えてしまう環境がどうかしてますね。フィンランドのDIY文化恐るべし。

拍手[0回]

Clear