忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

ヘルシンキで見つけた紙ものハンドメイド材料店「Sinelli」

超久々の更新です。

11月28日〜12月7日まで、取材のためフィンランドのヘルシンキおよびタンペレに行っていました。取材記事は既に私が運営しているTech系メディア「vsmedia」と別ブログに書いているのですが、今回新たに見つけたヘルシンキのハンドメイド材料店「Sinelli」がいい感じだったのでここにメモしておこうと思います。

vsmesiaのフィンランド渡航レポートはこちら

別ブログ「ITとゲームとメタル」の旅行記事はこちら



この「Sinelli」は、昨年のフィンランド渡航の際にヘルシンキで滞在したウィークリーアパートに向かう途中の道で偶然発見したのですが、昨年は残念ながら時間がなくて入ることができず、ショウウィンドウを覗いて様子をうかがうことしかできなかったのでした。ありがたいことにここはフィンランドでは珍しく週7日開いている材料店で、今回はどうにかこうにか入ることができました。営業時間は平日と週末で異なりますが(月~金9:30-19:00、土曜日10:00-16:00、日曜日12:00-16:00)、まあ日のあるうちに行けば大丈夫です。
この店はパッと見文房具屋さんで、店頭ディスプレイもそんな感じですが、実際の品揃えはもっと多彩です。




ここに限らずフィンランドの路面店のディスプレイは独立100周年にちなんだものが多かったです。


※浅草橋の問屋ではありません。フィンランド・ヘルシンキです。
このように紙ものの素材だけでなくちょっとしたアクセサリーや造形物の材料まで売っています。


真鍮パーツや超小型の瓶、ケースなど。本当に浅草橋の問屋みたい。


あとデコ用のシールも超たくさん!


これ全部がスタンプパッドです。


こんなでかいスタンプどうやって押すんだよ!と一瞬思いますが、これはスタンプはスタンプでも粘土用のスタンプで、粘土を伸ばした面に押し付けるとひび割れやコンクリ地などが簡単に再現できるというツール。つまりこれ、ジオラマ製作用のツールなのです。


日本ではダイソーで1~2個単位で売られているガラス製のダイヤの置物なんて10個パックで3ユーロくらいで売ってるし。「北欧は物価が高い」と思われがちですが、何もかもが高いわけではなく、探せば日本以上にお得なものがたくさんあります。フィンランドでは「製品」や「サービスは高いですが、「材料」「素材」の状態で買うと日本より安いんですよね。






あと柄が付いているマスキングテープはフィンランドでも大人気なようで様々なタイプが売っていました。和紙テープはフィンランドでも「Washi」で通じるみたいです。ちなみにフィンランド語でTapeは「Teipit」です。
 
ということで浅草橋の問屋が好きだ、紙もの素材が好きだ、細々とした文房具や雑貨が好きだという人は絶対に気に入る店だと思うので、ヘルシンキに滞在する際は是非訪れてみて下さい。場所はこちらです。



その後、昨年行ってあまりの品揃えの素晴らしさに大感激した模型店「HOBBY POINT」に行きました。




残念ながらこのお店は店内撮影禁止なのでショウウィンドウの雰囲気しかお伝えできませんが、もうここはハンドメイドに関するありとあらゆる素材、材料、ツールを扱っている店です。ハンドメイドクリエイターはマジでここさえあればヘルシンキで生きていけます。


今回私はここでドール用の仮面のポリカーボネイト型を購入しました。これさえあれば仮面の土台を彫刻する手間すら省けてしまいます。っつーかそもそもドール用の仮面の型が市販されてるって凄くないですか?まあ球体関節人形の歴史は欧州の方が長いから当然ですけどね。


あとスカルピーも衝動買いしてしまいました。そもそも海外旅行者が衝動的にスカルピーを買えてしまう環境がどうかしてますね。フィンランドのDIY文化恐るべし。

拍手[0回]

PR

秋田県横手市で「この世界の片隅に」無料上映会開催

地元のイベントのお知らせです。



12月10日(日)、秋田県横手市の増田町体育館・多目的ホールにて2016年公開の大ヒット映画「この世界の片隅に」の無料上映会が行われます。しかも13:00~15:15と16:15~18:30の2回開催されます。つまり、続けて2回見ても無料ということです。これはお得!

このイベントの主催は増田町市民映画会というところなのですが、残念ながらググっても情報が出てこず、SNSなどもやっていないようです。しかしずっと昔から町内で映画の無料上映会をやっている会で、私は上京するまでドラえもんの大長編映画は町内の無料上映会で見ていました。今でも、東京のミニシアターでもそんなに上映しないようなレアなインディー系作品の無料上映会をやっていたりして、クソ田舎に於いては非常に貴重な存在です。今回の「この世界の片隅に」の無料上映会は横手市からの補助金が出ているようですが、こうした税金の使い方なら大賛成です。ちなみにいつもは「まんが美術館」のホールで開催しているのですが、現在まんが美術館は改装中なので体育館での開催となったようです。

ということで、12月10日(日)にお時間のある方は是非行ってみて下さい。もちろん町民以外の誰でも参加できます。



この世界の片隅に 劇場アニメ原画集
この世界の片隅に 劇場アニメ原画集

ねんどろいど この世界の片隅に すずさん ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
ねんどろいど この世界の片隅に すずさん ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

拍手[0回]

西荻窪のニヒル牛にドール用仮面を追加納品しました

現在ライブ参戦および東京ゲームショウ2017取材のために東京にいます。そこで上京時の定番として西荻窪のアートショップ「ニヒル牛」の展示箱にスーパードルフィー用の仮面を追加納品しました。






今回はハロウィンっぽいツギハギの仮面を納品しました。革っぽい質感ですが樹脂粘土製でちょっと透明感があります。柔軟性もあり、曲げにも強いです。私はスーパードルフィーのヘッド「のの」に合わせて作りましたが、見ての通りレアなめこぬいぐるみの普通なめこ(通称:インスタなめこ)にもピッタリ。あと雪ん子なめこやアニメ版の「なめこ君」にも合います。まあ普通なめこと同じくらいの鉢周りで目の位置さえ合えばだいたい着けることができるでしょう。


んふ…(似てる…)

なお、現在ニヒル牛では乗り物モチーフに特化した作品を集めた「乗り物展」が開催されています。これはロケットに乗った金正恩のフィギュア。まあ車輪が付いてるから乗り物には違いありません。


んふんふ(羊毛フェルトの電車かわいい)


んふ!(このスチームパンク感!)


んふんふ(手編みの気球にねこ)

こんなかわいい作品がいっぱいあるので、私の展示箱ももちろんですが是非この「乗り物展」もチェックしてみて下さい。

ニヒル牛の情報はこちら↓


http://nihirugyubook.but.jp/

拍手[0回]

【イベント情報】東村アキコ先生が登壇するトークセッション「マンガは文化」

来月地元でこんなイベントが開催されます。



漫画家の東村アキコ先生とマンガ研究家の吉村和真さん、バリュー・クリエイターの佐藤真一さんの3人によるトークセッションが8月21日(月)の13:00~15:30に秋田県横手市の「横手ふれあいセンター かまくら館 2階ホール」にて開催されます。

既に過去エントリで何度か書いていますが、私の町には日本初の漫画専門美術館「まんが美術館」があります。それが今年から大規模リノベーションのため2年間休館することとなり、現在は営業を休止し再オープンに向けた各種作業を行っているところです。1995年、バブル景気の残りカスを引きずって建設されたハコモノとは言え、それなりに観光資源となっていた施設が2年間も使えなくなるのは市の財政的にも大打撃です。そこで、休館中は市内のあちこちの施設を使って漫画に関連した様々なイベントを行うこととなりました。それもこの一つで、参加費はなんと無料!ただし定員300人で、メールかFaxで、名前、電話番号、好きな漫画をまんが美術館事務室宛てに送って申し込まなければなりません。ちなみに締め切りは8月10日(木)締め切り。

ここで一つこのイベントに対して文句なんですが、今時参加申し込みをメールかFaxで受付って一体いつの時代なんでしょうか?しかもこのイベント情報が公開されたのが7月11日なんですが、現時点でWeb上でイベント情報が公開されているのが市の公式サイトのみなんですよ。で、この申し込み方法についてはイベントフライヤーの”画像”の中にしかなく、しかもそれを拡大表示できないという体たらく。つまり、奇跡的に市のサイト上のイベント情報にたどり着けても、フライヤー画像の中の字が微妙に小さくて申し込み方法の部分が読めないんですよ。マジで客呼ぶ気あんの?今時イベントの申し込み受付なんてその場でちゃちゃっとGoogle Formを使えば誰でも無料で作れるでしょう。っつーか未だにFax使ってるって時代が昭和で止まってるんじゃないでしょうか?しかも東村アキコさんが登壇するイベントなら、横手市以外の市町村や、もしかしたら県外からだってお客さんが来るでしょう。普通なら各種ソーシャルメディアを使いまくってプロモーションするべきイベント企画です。あともう一つ謎なのは、申し込み時に参加者の電話番号を収集することです。個人情報の取り扱いが厳しい現在、ちょっとイベントに参加するためにホイホイ自分の電話番号を明かす人がいると思いますか?それなら都道府県市町村までのざっくりとした住所や性別、年齢を聞いた方がまだマーケティングに使える分マシです。なんで電話番号を聞こうとするのかマジで謎。

ということで、もしこれを見ているまんが美術館の職員や市の職員がいたら早急に善処して下さい。イベントの企画自体は良いので非常にもったいないです。


東京タラレバ娘(9) (Kissコミックス)
東京タラレバ娘(9) (Kissコミックス)

かくかくしかじか コミック 全5巻完結セット (愛蔵版コミックス)
かくかくしかじか コミック 全5巻完結セット (愛蔵版コミックス)

拍手[0回]

ニヒル牛にドール用仮面を追加してきました

今仕事の付き合いやら各種用事、取材やらで東京に来ているのですが、またまた西荻窪の「ニヒル牛」にスーパードルフィー用の仮面を納品しました。もう上京時の定番コースですね。


今までちょっとスカスカ気味だったんですが、今回の納品でやっと10枚以上の在庫を並べることができました。やっぱりそれなりに密度がないと寂しいし選ぶ楽しみがありませんからね。売れ残る分も考えて納品しないと。


なお、これらは全てスーパードルフィー(SD)の「のの」ヘッドに合わせて作ったドール用仮面ですが、例によってレアなめこぬいぐるみにもピッタリです。私はイベントの際「レアなめこぬいぐるみの雪ん子なめことインスタなめこにぴったりですよ」とよく営業トークをしているんですが、今回東京駅地下の「なめこ市場」に行って改めて確認してみたところ、レアなめこぬいぐるみの「なめこ君(アニメ版のデザインのやつ)」や長なめこ、マサルなど結構いろいろななめこにも合いそうでした。目の位置さえ仮面の目の穴に合えばだいたいいけそうな感じです。だいたいぬいぐるみは柔らかいし、私の作るドール用仮面もほとんど樹脂粘土製で柔らかいし、紐で固定するタイプだから着けようと思えばできるんですよね。ということでSDオーナーの方だけでなく是非なめこ栽培家の方も仮面で着せ替えをしてみて下さい。


あと、ニヒル牛では海のモチーフに特化したイベント「海中アパルトメント」を開催中でした。ただいろんな作家さんの海に関する作品を集めるだけでなく、店内の内装そのものも”海”にデコレーションしている大掛かりな内容ですごく見応えがありました。こんな珊瑚のディスプレイ台もあったりして。


んふんふ?(ここは海かな?)
ニヒル牛は本物の木を大胆に使用した内装なんですが、そこも海底のようなデコレーションに。どこでも撮影スペースになります。

ということで是非皆さんもニヒル牛に行ってみて下さい。

拍手[0回]

Clear