忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

透明粘土「すけるくん」を異素材の上に盛り付ける時の小技

昨日に引き続き新作フルフェイスマスクの製作です。


とりあえずブレードを貼りました。もちろん半分だけ。


もう半分には透明粘土「すけるくん」を盛って彫刻することにしました。

透明粘土「すけるくん」については既にアクセサリー製作やドール用仮面製作でも多用していますが、この素材は透明感を出せて硬化後も柔軟性があるのが魅力なものの”硬くて練りにくいうえに妙に油っぽくてヌルヌルする”のが超難点です。どんなに頑張って練ってもいつまでもヌルヌルしていて(そのくせ乾くとツヤ消しのパサパサした質感になる)、滑って異素材の上に盛るのが大変です。そこで今回、仮面の土台の上に「すけるくん」を盛る前に、100円ショップで買った安物の木工用ボンドを薄く塗り、半乾きのベタベタしたところに「すけるくん」を盛るという小技を使ったら予想以上に上手くいき作業がはかどりました。木工用ボンドも乾いた後に透明になり柔軟性があるのが利点です。おそらく成分的にも「すけるくん」に近いのではないかと思います。「すけるくん」に成分表示がないので詳しくは分かりませんが。とにかく「すけるくん」と木工用ボンドの相性は抜群です。是非お試しあれ。

すけるくん 透明ネンド 200g

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear