忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

うさねこ再開



9月に東京ゲームショウ2017の取材で中断して以来ずっとほったらかしだった「うさねこ」のフィギュアを再開します。ブレイクが入ると放りっぱなしになるのが私の悪い癖なんですよね。まずは東京に移動するギリギリまで複製していたキャスト素体の中から一番良いものを選別します。


吟味の結果、この2つが気泡も色むらも目立たず一番まともという判断に至りました。

で、これらの仕上げ塗装をする前に、これらを固定するベースを自作することにしました。ベースにちょうど良い木っ端も買えば200~300円しますからね。今ある素材でなんとかして節約です。


一番正確な形を作れるのは何と言ってもプラ板です。均一な厚みだから、同じサイズで何枚も切って重ねて接着すればすぐに均一な厚みのある塊が作れるから。今回は4cm×8cmで10枚切り出して重ねます。


このプラ板の厚みは1mmだから、10枚重ねればちょうど1cmになります。それぞれの面にプラスチック用接着剤をこっっっっってり塗って圧着します。


圧着する際はクランプで固定すると隙間なくくっつきます。これはダイソーで4個100円で買ったクランプ。模型用ならこれくらいのサイズで十分です。

で、このまま丸一日放置して、プラスチック用接着剤が完全に固まったらヤスリで断面を整えます。

●今回使ったもの●

タミヤセメント40ml(流し込みタイプ) プラスチックモデル専用接着剤|タミヤ(TAMIYA)



本当は普通のプラスチック用接着剤(白いフタのやつ)でもいいんですが、たまたま家にあったのがこれだったんで今回はこれを使用しました。まあ粘度が違うだけで中身の成分は一緒なんでOK!

拍手[0回]

PR

あざとい顔のウィスパーランタンでウィス

遂にハロウィン当日ですね。今年最後のカボチャランタンはこれです。


目が大きくてなんかあざとい感じになったウィスパーでウィス!
最近はやはり妖怪ウォッチは外せないでしょう。真ん丸のカボチャの傷物があったらネコ妖怪の誰かを彫ってもよかったんですけどね。


火をつけるとこんな感じでウィス!やはりカボチャ丸ごと1個をそのまんま顔にするとインパクトが違いますね。


今あるカボチャランタン全てに火をつけてみました。果肉の色の違いが如実に分かって面白いですね。

ということで皆様Happy Halloween!

拍手[0回]

ドラえもんランタン

本日のパンプキンカービング新作です。


なんかこう、ドラえもんが無意識に暴言を吐いたりやらかしたりする時の顔です。3の口で真顔でのび太の心を折にかかるやつ。


火をつけるとこんな感じです。ハロウィンと何の関係もない絵なので10月31日過ぎもちょっと飾って楽しめます。


売り物にならないハロウィンカボチャばかりですが、それでもちょっとずつランタンが増えるとテンション上がりますね。

拍手[0回]

日焼けりんごの完成品全部

先月より何度かこのブログでも書いているハロウィンの日焼けりんごですが、一応これらが成功例です。


まあシールが途中ではがれて色ムラになっちゃった奴とかありますけどね。でも虫食いもなくて形自体はちゃんとしてます。


布巾で磨いたところ。りんごは熟すと自らワックス的な成分を出すので、ただ布で乾拭きするだけでこんなツヤが出ます。


「メルカリ アッテ」に出展したところ、ありがたいことに隣街の方から連絡があり、ハロウィン当日にギリギリにもかかわらず買って頂けました。ありがとうございます!


まあ食べると不味い(というか甘くもなければ酸っぱくもなく何の味もしない)んで飾ってお楽しみ下さい。ジャック・オー・ランタンじゃない顔ならただの面白いりんごとしてハロウィン後も楽しめます。りんご自体日持ちのする果物なのでクリスマスまで余裕で保ちます。

拍手[0回]

ひん曲がったやつ

今日のパンプキンカービングの土台はこれです。


これ、別に石ころだらけのところとか入り組んだところとかに生えていたわけではありません。他のカボチャと同様普通に畑の土の上に生えたのに、なぜかこれだけ謎の凹みができたうえにひん曲がってしまったのです。おそらく曲がってしまったのもこの凹みが原因なのでしょうが、不思議なことに、この凹みの部分には本当に何の障害物もなかったのです。


その証拠に、凹みの部分に一切傷がありません。何かが当たって凹んだ場合、そこがかさぶたのように固くなって白く変色するはずですから。小さい実のうちは特に何も変わった様子はなかったんですけどね。発育不全の一種?いずれにせよこれもまともに売り物にはならないので家で消費することにしました。


ひん曲がった形を反映して顔も曲がった感じにしてみました。凹みのところは口にして貫通。裏からワタと種をくり抜くと凹んだところだけ薄くなって強度が弱くなってしまうので、それなら穴にして貫通させた方が手っ取り早いってもんです。




ロウソクを点けたところ。曲がって自立しないので植木鉢の上に載せています。これで2~3日は楽しめるでしょう。






なお、今年からカボチャの種を炒って食べてみることにしました。なんかテレビの健康番組でカボチャの種は頻尿の薬になるみたいなことを言ってたので、母に食べさせようと思って炒ってみたんですが、「種の皮をむくのがめんどくさい」といって全然食べてくれず、結局私一人が食べています。ハロウィンカボチャは食用には適しませんが種は普通においしいです。炒るとピスタチオみたいな味になって食べ応えもそこそこ。普通におやつや酒のつまみとしていけるんで是非食べてみて下さい。今までずっと捨てていて勿体ないことをしました。

拍手[0回]

Clear