忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

唐突に2008年に主催した仮面イベントのことを書いてみる。

なぜなら古いPCから当時の写真を発掘したからです。

2008年3月30日(日)に、東京・渋谷にあるイベントスペース「TRUMPROOM」にて出展者も出演者も来場者も全員仮面着用必須という仮面イベント「Zweites Haut -ツヴァイテス ハオス-」を開催しました。





仮面着用でも3500円、仮面非持参だと4500円とは我ながら強気に出たもんだと今になって思います。別にライブイベントでもないのに。しかも入場後のドリンクは有料だし。イベント的にはハンドメイド系のクリエイターの出展ブース+合間合間でショーという感じでした。ドリンクは酒類なので”お茶会”でもなく、言うなればサロンイベントでしょうか。

















こうして改めて当時の写真を見ると自分の写真撮影のヘタクソさがほとほと嫌になります。全部ボケてるじゃねえか。もうボケてるから写ってる人の顔をぼやかす加工がいらないwww























 












































出展クリエイターの種類は、私を含め仮面、アクセサリー、パティシエの手作りスイーツ及びタロット占い&前世占いの計7組。出演アーティストは、ピアノ&チェロ演奏、暗黒舞踏、ジャグリング、ポールダンス、ファッションショーの計5組。ショウ以外の時間はDJ&VJにプレイしてもらいました。

ちなみにこのイベントの動員数は157名。ただスペース自体そんなに広いところではなく、開催時間も5時間あったので人の出入りは結構ありました。オープンからラストまで通していた人は全体の1/3程度だったと思います。まあサロンイベントなんてどこもそんなもんだと思いますが。

なお、売上自体は60万円くらいあったのですが、なんだかんだスペースのレンタル料だけで20万円以上かかってしまい、さらにフライヤー印刷代と出演者へのギャラを支払ったら、「準備にかかった時間分どっかでバイトした方が楽に稼げたんじゃね?」という程度の金額しか手元に残りませんでした。

しかしイベント主催なんて何でもそんなものかもしれません。動員数の心配が当日まで続くし、告知のための営業もいくらやっても十分なことはないし、万が一のトラブルの対処などもあらかじめ考えておかなければならないし、とにかく気苦労が多く、完全に主催の元が取れた、苦労が報われたと言えるイベントなどこの世には存在しないのではないかと思います。

ところで!このTRUMPROOMというスペースは本当にゴージャスでオススメなのでぜひググって現場の写真を御覧下さい。今でもイベントの成功の半分はスペースの雰囲気にあったと思っています。このクオリティの内装なら20万取られても文句は言えません。

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear