忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

「鬼灯の冷徹原画展」に行ってきた

もうラスト1週間でしたが、家からチャリで15分程度のところにある「横手市増田まんが美術館」にて開催中の「鬼灯の冷徹原画展」に行ってきました。







この展覧会は、現在週刊モーニングにて連載中の江口夏実さんの「鬼灯の冷徹」の生原稿や単行本の表紙に使用されたカラーイラストなど計189点もの原画が展示されるというもの。主催はなんと横手市教育委員会絶対委員の中にファンいるだろ



なお、通常このような特別展では大ホールが使われますが、今回はそちらではなく玄関から入って右手奥にある会議室を2つ連結して使用するというちょっと変わったレイアウトになっていました。

撮影は禁止だったので写真で展示の様子はお伝えできませんが、とにかく非常に見応えのある内容でした。同作品の原画展が開催されるのは今回が初めてとのことですが、よくぞまあこんな田んぼのど真ん中にあるクソ田舎のハコモノ施設で初開催&189点もの作品を貸してもらえたもんだと感心しました。やっぱり中の人にガチファンいるだろ。8話分の生原稿とカラー絵がガラス越しではなく触れられるくらい間近で見られるというのだから贅沢な話です(無論触るの厳禁)。特にカラー原稿は本当に美しく見応えがありました。印象的だったのは、江口先生の原稿はモノクロorカラーのいずれも修正がほとんど無かったことと、筆で描いた絵や擬音の勢いが凄かったこと。やはり日本画を勉強された方だからでしょうか。1点1点じっくり鑑賞するとあっと言う間に1〜2時間は経ってしまうので、これから見に行く予定の人はある程度時間に余裕を持って行った方がいいです。


開催は3月29日(日)までなのでまだ見ていない人はお早めに。地元民のみならず作品ファンの方はマジで見ておいた方がいいです。交通の便がクソ悪いですが車で頑張って来て下さい。入場料はなんと大人500円(ホッカイロのオマケ付き)!1万人が来場しても元取れねえぞ多分…

鬼灯の冷徹 万年地獄カレンダー
鬼灯の冷徹 万年地獄カレンダー

ねんどろいど 鬼灯の冷徹 鬼灯 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア
ねんどろいど 鬼灯の冷徹 鬼灯 ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み 可動フィギュア

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear