忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

遂に高温障害が

出てしまいました…


こういう「1点だけ青い」状態は危険。そこだけ追熟できない理由があるということだから。前日の36〜37°まで気温が上昇した真夏日にここに一番陽が当たって傷んでしまったのでしょう。

こんな感じで3個が高温障害による腐敗のため脱落してしまいました。しかし発見したのが早期だったため腐っているのはあくまでも一部分のみ。そこで…


腐っている部分に穴を開けてそこから種とワタを取り出し、ちょっと早いですがパンプキンカービングの作例として活用することにしました。


一番最初はこれ。アメリカあたりによくあるタイプのジャック・オー・ランタンっぽい顔ですね。


歯の部分の皮を削って実の部分を露出させたのがポイント。


次はジバニャン…というかかぼちゃを彫っているのでカボチャニャン?私のパンプキンカービングの手法は「マジックで下描きを描いてその通りに彫刻刀で彫る」というものなんですが、何気に妖怪ウォッチのキャラクターは描くのが難しいです。目、鼻、口の顔パーツが全て離れているキャラが多く、そのバランスを見極めるのが大変です。ちょっとでも狂うと途端にブサイクになってしまいます。


白い部分は皮を全て削ってなるべく均一な面になるよう彫って均します。全部掘り終わったらラッカーシンナーでマジックの下描きを消します。


カボチャニャンだニャン♪


最後の大きいカボチャにはちょっと新機軸なカービングを施しました。まず全面を彫刻刀の”角”で粗めに彫ります。


そこにオバケを浮き彫りにしました。バックは徐々に深く彫りオバケの周りだけ貫通させておきます。

そして光らせると…


こんなの。光りのバックにうすぼんやりオバケのシルエットが浮き出るというデザインです。

他の見え方はこんな感じです↓



カボチャニャンはあんまり光りません。もうちょっと白い部分を深く彫れば光が透過するようになるのですが、今更やり直すのがめんどくさいw


これらのパンプキンカービングは、高温多湿な日本では彫った次の日あたりからカビが生えたり部分的に腐ってきたりと全然長持ちしません。なのでこれらも次週を超えられるかどうかはかなり怪しいです。まあ腐り果てるまで庭に飾ったり素材用の写真を撮影しますけどね。腐って形が無くなる最後の最後まで役に立ってもらいます。

皆さんもどうしてもパンプキンカービングをやりたい場合はハロウィンの直前(前々日〜前日)にやるのがオススメです。あまり早く作っても腐ってしまいハロウィン当日(10/31)までは保ちません。

パンプキンカービング・ステンシル ■ ハロウィン グッズ 雑貨 飾り ディスプレイ ハロウィーン パーティー 装飾 オーナメント ルーム デコレーション アメリカ雑貨 アメリカン雑貨



デラックス パンプキン カービング キット 【RUBIE'S (ルービーズ)】 日本 1677 (Dx. PUMPKIN CARBING KIT) ハロウィン オーナメント 飾り付け ランタン作り かぼちゃ彫り オブジェ パーティー ルービーズ キッズ 男の子 女の子 小学生 グッズ 子供 子ども 安い

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear