忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

どんなクソ田舎にも「LINE」「なめこ」「艦これ」「黒ウィズ」のガチャは絶対ある

現在私が住んでいるところは秋田県横手市というクソ田舎です。ここ秋田県は日本一早く人口減少と少子高齢化が進んでいる未来もへったくれも無いディストピアで、子供・若者はレアメタル級に貴重な存在です。そんな状況でも地域のお店は彼らから小銭を巻き上げないとメシが喰えません。するとどうなるか?店頭の商品が厳選され

どんなクソ田舎でも絶対に売れるメジャーな商品

が選出されるというわけです。例えばゲームでは「妖怪ウォッチ」、マンガだと「進撃の巨人」というように。つまり秋田県は現在進行形で流行っているド直球なメジャー作品にしか触れられないという環境なのです。これは非常に退屈でつまらない社会ではありますが、リサーチという点に於いては便利です。ここで気軽に見たり買えたりするということは、それだけ全国的に流行し広く一般に知れ渡っている証拠ですから。

私は普段スマートフォン向けのアプリやゲーム、及びソーシャルゲームなどの情報を扱う仕事をしているので、町に出る機会があると本屋や玩具屋、ガチャコーナーでそれらの商品が無いかどうかチェックしているのですが、どこに行こうとも必ずあるのが「LINEキャラクター」と「なめこ」です。もう本屋でも玩具屋でもガチャでもこの2つは鉄板中の鉄板。東京との時差もほとんど無く店頭に並びます。しかもガチャは売り切れでカラッポになっていることも多々あり。またコンビニとのタイアップキャンペーンも必ず東京と同様に行われるし「みんなのくじ」だって引けます。

で、今日隣の町にあるショッピングモールにてこれを発見。




「艦これ(艦隊これくしょん)」と「黒ウィズ(クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ)」

遂にここまで到達したかという感じです。確かに山形のイベントでも盛岡のイベントでも秋田市のイベントでも艦これのコスプレイヤーいたし。考えてみれば、スマホ向けアプリやゲーム、及びオンラインゲームというのは全世界に向けてく同時に、さらに「基本無料」で発信できる最強のコンテンツです。テレビアニメだと放送局の問題があるし、コンソール向けのゲームソフトや本、OVA等のDVDなど実体のある商品は販売店の問題があります。ここ秋田県は民放が3局しかなく(TBS系列とテレ東系列が無い)、店に至っては増えるどころか潰れる一方という有様。そうなると、どんなクソ田舎のどんな田舎者にも時差なくアピールできるスマートフォン向けアプリやゲーム、オンラインゲームは断然有利です。加えてそうした人々は時間を持て余し退屈している可能性が高いのでログイン率も当然高いでしょう。もしかしたらデジタルコンテンツを支えているのは田舎者なのかもしれません。

艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(7) (ファミ通クリアコミックス)
艦隊これくしょん -艦これ- アンソロジーコミック 横須賀鎮守府編(7) (ファミ通クリアコミックス)

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ 公式ビジュアルファンブック
クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ 公式ビジュアルファンブック

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear