忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

レアなめこぬいぐるみピッタリサイズ「かっこいい石」完成!

「かっこいい石」完成しました。なんだかんだ3日でできたとは我ながら早かった!以下はその流れです。

昨日に引き続き削り作業。


真ん中をちょっと凹ますのがこのアイテムのポイントです。


削りが終わった後に溶きパテをあえて梨地になるようラフに塗ったところ。


なんかこの段階で既に石っぽくないですか?


穴を開けて試しに紐を通してみたところ。アプリのスタート画面にあるような通し方ではうまく正面を向いてくれないことが分かりました。


とりあえず石っぽい質感で塗装して…


いろいろ紐の始末をどうするか検討したところ、最終的にこれが一番収まりが良いと判断しました。ゲーム画面とはちょっと違いますが今回はこれでいきます。


ただ、紐をなめこの鉢周りに合わせて結んでしまうと…


このように、首(?)を通した後に思いっきり紐の長さが余ってしまします。なめこって結構鉢周りと胴周りのサイズの差がありますね。


そこで、いい感じのプラスチックビーズに紐の両端を通して後ろで紐の長さを調節できるようにしました。


これにてレアなめこぬいぐるみにピッタリサイズの「かっこいい石」完成です!ちゃんとした写真は明日撮りたいと思いますので少々お待ち下さい。


んふんふ(明日の作品写真撮影まで待機)

拍手[0回]

PR

「かっこいい石」削り進捗

今こんな感じです。


ざっと表面から見たときの形を出したら…

横にもガイド線を引き…


両面からエッジを立てます。ただ元のイラストを見ると普通の石を削って作った感じのアイテムなので、黒曜石を磨いたような”刃物”みたいな鋭いエッジにはせずほどほどのところでやめておきます。


さらに紐を通す部分との段差も削り全体的になめらかにしたところ。ここまでくると完成が見えてきました。明日には形出しは終わるでしょうか。

拍手[0回]

「かっこいい石」を実際に作る

「なめこ栽培キット」シリーズに登場する「なめこ」のスマートフォン向け”巣”作りシミュレーションゲーム「なめこの巣」に関するもの作りプロジェクトを始めました。とは言ってもこれまでのようになめこ自身をモチーフとした何かを作るのではありません。なめこが作り、身に着けるものを実際に再現します。それは…


なめこが首から下げている「かっこいい石」です。

これは「なめこの巣」のゲームの一番最初に出てくるアイテムで、まずこれをたくさん作ることからゲームがスタートします。ただこのアイテム、ゲームのスタート画面にこそ「身に着けた状態のなめこ」が出てきますが、実際にこれを着せ替えアイテムとして使うことはできないのです。クエストで作ったり、さらに上位のアイテムを作るための材料として使うことはできても、これ自体を着せ替えアイテムとして使うことはできません。

ということで、実際に作ってなめこのぬいぐるみに身に着けさせることにしました。材料はこちら。


いつものとおりダイソーで買った万能エポキシパテです。隣の紐はアクセサリー用の革紐で、細さも色もちょうど良い感じのがありました。


まずエポキシパテでざっくりとした形を作ります。後から削って成型するので気持ち大き目に作っています。


ボールペンでガイド線を引いて、これを基にデザインナイフやヤスリで少しずつ削って「かっこいい石」の形に近づけていきます。

拍手[0回]

なめこ5周年記念フィギュアのちゃんとした作品写真

なめこ5周年記念フィギュアのちゃんとした作品写真です。既にpixivやfg、Facebookのアルバムに投稿しているので、いずれかにアカウントのある方はいいね!なりお気に入りなりコメントなりご自由にどうぞ。



















キャストで抜いた素の状態から表面処理したり他のパーツやベースを1から作ったりエアブラシ塗装したりして1週間で完成できたのはこれまでの人生で最短記録です。軽い紙粘土を使ったフェイクスイーツもどきの「クッキーなめこ」のフィギュアなら1週間でもわりと簡単にできましたが。それにしてもなめこのフィギュアだけでもう4作も作っていることに今更気付いたのですが、いい加減別のフィギュアも進めた方がいいですね。


なめこ文學全集 なめこでわかる名作文学 (5) (バーズコミックス スペシャル)
なめこ文學全集 なめこでわかる名作文学 (5) (バーズコミックス スペシャル)
誕生! なめこの森のユニバーサルレンジャー (なめこ せかいのともだち)
誕生! なめこの森のユニバーサルレンジャー (なめこ せかいのともだち)

拍手[0回]

なめこ5周年フィギュア完成!!

やれば1週間でなんとかなるもんです。


表面処理を終えて最後のサーフェイサーを吹いたところ。


連日の雨の中奇跡的に晴れた時間を狙って塗装。塗装場所は相変わらず家の玄関で、センサーライトを付けている電源のところにコンプレッサーのコンセントを挿してます。今回はラッカー系塗料を使用しました。



まず全体にホワイトを吹いて全面均一に真っ白にして…


次になめこの肌色(?)を吹きます。こうして見るとなんだかカフェオレみたいな色ですね。


最後にカサの部分に茶色を吹きます。バックが花なのは塗装が完了した後に持ち手を植木鉢に挿して乾燥させていたからです。


完全に乾燥したのを確認したのち顔を描き込んでいきます。ここまで来たらもう完成までもう少し!


プラスチックペーパーでなめこの蝶ネクタイとシルクハットのリボンを作ります。プラスチックペーパーとは文字通りプラスチック製の紙状の素材で、紙みたいにハサミやカッターで簡単に切れるのに強度はプラスチック並という優れものの素材です。極薄プラ版よりも薄いパーツを作りたい時に便利です。塗装はアクリル絵の具でも十分いけます。


プラスチックペーパーのパーツをエポキシ接着剤で貼ったところ。あとはベースに固定したら完成です。


ただベースになめこを接着しただけでは強度的に不安なのでアルミ線でお互いを連結することにします。ベースの中央にピンバイスで貫通した穴を開け…


写真のように、なめこの持ち手用の穴とベースの穴に一気にアルミ線を通します。


そして接地面をエポキシ接着剤で固定。これでガッチリくっつきました。


なめこの背中にビミョーに重なる角度で「祝」を接着して…


最後にシルクハットを手に接着して完成!手の接着面積が少なくて不安ですが、エポキシ接着剤を見えにくい手の裏側に多めに盛って固定しました。シャープな感じが損なわれますが強度のためには仕方がありません。

ちゃんとした作品写真は別エントリで改めてUPします。

●今回使ったもの●

ねんど 粘土用具 タミヤ ディスプレイ用品 プラペーパー 0.2mm厚 B4サイズ (3枚)


コニシ クイック5 【エポキシ接着剤】 80gセット 小箱10個入り

拍手[0回]

Clear