忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

5周年記念フィギュア

思い立ってから完成までの期間が1週間しかないという、これまでの人生で最もタイトなスケジュールでフィギュアを作っています。作っているのは以下↓


んふんふ

5周年記念でリリースされた「おさわり探偵 なめこ栽培キット」シリーズのLINEスタンプ「なめこのお祝い」の一つです。現在、「なめこ栽培キット」シリーズの5周年を記念したイベント「なめこパラダイス」が東京駅の地下のショッピングモールで開催されているのですが、それに合わせて急遽作ることにしました。

同イベントの開催についてはあらかじめ開発元のビーワークス様よりプレスリリースを頂いていたのですが、最近金が無さ過ぎて上京する新幹線代どころか高速バス代すらないという体たらくで、開会式&初日の様子を取材することができずイベント自体行くのを諦めていました。ところがフリマアプリ「メルカリ」で当初の予想を上回る売上金をGETできたので、滑り込みになりますが行くことにしました。まさか不要品を売って10万を超えるとは思わなかった…

ということで大急ぎで作業を進めています。


一から彫刻している時間はないので、一昨年キャスト複製したやつの残りをボディの土台として使用します。座っているポーズなので足を切り落として底部分を平らに削ります。


もともと気泡だらけなので一回溶きパテを全体に塗ります。その際ついでに口を深く彫ります。



溶きパテが乾燥するまでの間に他のパーツを作ります。1mmのプラ版を切り出して積層し「祝」の字を作ります。


「祝」パーツはプラ版を4枚重ねて厚さ4mmにしました。全体を切り出したら彫刻刀で線を彫ると共に丸く滑らかになるようサンドペーパーで磨いて形を整えます。


整形完成。「祝」パーツと同様の手法でシルクハットも作りました。シルクハットは鍔部分はプラ版2枚重ね(厚さ2mm)、本体は6枚重ね(6mm)です。プラ版を積層して立体を作る手法は、正確に厚みを出したい時や気泡埋めの作業をしたくない時に非常に便利です。ちゃんと整形すればサーフェイサーを吹かずそのまま塗装しても大丈夫だし。


そして溶きパテが乾燥したなめこを一回サンドペーパーで磨き、パーティングラインの段差やビミョーな凹み、大きな気泡などを根気よく消して行きます。でもこのなめこは滑らかな形なので溶きパテ塗→磨きの作業は3回くらい繰り返せば綺麗になります。

作業はわりと順調に進んでいるのですが、よりによってこのタイミングでラッカー系のうすめ液とサーフェイサーが無くなりました。すぐに楽天で買ったのですが、それが届く日時によってかなり塗装できる日が限られてきます。24時間以内に発送してくれるそうなので週明けには届くと思いますが、さてどうなるか?

●今回使ったもの●

【タミヤ】 タミヤメイクアップ材 タミヤパテ(ベーシックタイプ) 【玩具:プラモデル:工具・材料】【タミヤメイクアップ材】【TAMIYA】

価格:278円
(2016/7/3 04:05時点)



【あす楽対象】 GSIクレオス Mr.カラー うすめ液(特大) 400ml

価格:640円
(2016/7/3 04:05時点)



TAMIYA 70124 プラバン1.0mmB4(2枚) プラモデル

価格:559円
(2016/7/3 04:08時点)



プラ板用カッター PカッターS型 204B

価格:385円
(2016/7/3 04:10時点)



タミヤセメント(角ビン)【87003】 【税込】 タミヤ [タミヤセメント(カクビン)]【返品種別B】【RCP】

価格:168円
(2016/7/3 04:11時点)

拍手[0回]

PR

羊なめこの年賀状

作品写真「なめこの夏休み」

なめこフィギュアのちゃんとした作品写真です。タイトルはシンプルにコンテストのテーマそのまんま「なめこの夏休み」にしました。





















なお、「なめぱら」宛にこれらの画像を送信できたのは締め切り当日の6月30日の23:30過ぎでした。本当にギリギリだった…。応募受理の返信メールも届いたのでまずは一安心です。何か入賞すればいいなー。

拍手[0回]

なめこの塗装と仕上げ

随分間が空いてしまいましたが、結論から言うとなめこのフィギュア完成しました!そして「なめぱら」にもちゃんと応募できました!ということで、完成までの塗装と仕上げの様子をレポートします。


塗装前のなめこさん達。


塗装のため外にコンプレッサーとエアブラシをセッティングします…が、生憎この日は雨。しかも作業台はダンボールという貧乏臭い絵ヅラです。


まず全員を真っ白にペイントします。しろなめこではない。


なめこは一旦脇に置き、先にビーチパラソルを完成させてベースに固定します。白く残す部分をマスキングテープで覆い…


露出した部分を水色に塗って完成!


この後普通なめこの薄い肌色(?)を塗り…


肌色とのグラデーションに気をつけながらカサ部分も塗ります。


同様にヴィーナスなめこも塗ります。


我ながらなんだかお菓子みたいな質感になりました。なめこなので本当はこの上に光沢クリアーを塗ってヌメヌメの質感にでもすれば良いのでしょうが、なんかこのお菓子っぽさが気に入ったので敢えてこのまま仕上げることにしました。これにてエアブラシ作業は終了。


それにしても雨天で丸一日エアブラシ作業をしたらフィルターにこんなに水分が貯まってしまいました。これだけの水分が空気中に含まれているとは…


後は筆でなめこの顔を描き込んでいきます。


まずは両サイドのなめこ達をベースに固定。


ヴィーナスなめこの顔はこんな感じです。パールはアクセサリーパーツをそのまま使いました。穴の部分を手に合わせるとちょうど隠れます。


忘れちゃいけないヤシの実ジュースも持たせます。ストローはアルミ線を曲げたもので、ジュースの中身はアクリル絵の具で着色したエポキシ接着剤です。


最後に中央に普通なめこを寝かせて完成!…………と思いきや、もう一つのアイテムをすっかり忘れていました…それはサングラス!


中央の普通なめこがサングラスをかけてる!

ということで急遽製作です。


アルミ線を曲げてフレームにし、それに合うように透明プラバンを削ってレンズを作ります。ヤスリやサンドペーパーで削ると半透明になってしまいますが、後でクリアーカラーを塗ればちゃんと透明になるので無問題。


いやー危なかった…


これにて本当に完成!!……………ですが、ここでふと気付いた。
ビーチチェアに寝転がってる普通なめことヴィーナスなめこはビーチパラソルの下にいるので影ができますが、ヤシの実ジュースを持っている普通なめこは何をどうやっても直射日光に当たりまくってしまいます。これではすぐに枯れなめこに…

 
そこで急遽エポキシパテで麦わら帽子を作ってかぶせることにしました。


 
ちょっとシャレオツに斜めに被せてみます。



これで本当に完成!着想からピッタリ2週間で完成するとは我ながらビックリです。

ちゃんとした作品写真は別記事でUPします。


んふんふ なめこ絵本 さいこうのスープ
んふんふ なめこ絵本 さいこうのスープ

なめこ家の一族 3巻 ~素晴らしき哉、なめこ!~ [DVD]
なめこ家の一族 3巻 ~素晴らしき哉、なめこ!~ [DVD]

拍手[0回]

なめこの表面処理完了!

こんなのが…


最終的にこうなった。

長い道のりだった…


頭頂部のアホかという程の気泡も消えました。

これにて表面処理は完了です!いよいよ仕上げ塗装に入ります。


まずビーチチェアとビーチパラソルを白一色に塗装します。ここで白のラッカースプレーがちょうど良いのが悪いのか分かりませんがピッタリ全部無くなりました。まあラッカー&アクリル塗料の白が大量にあるからなめこの分はなんとかなりますが。


ビーチチェアだけ先にベースに固定するために砂浜の「砂」を準備します。ある程度の量の砂を固定するため、たまたま手元にあったアクリル絵の具の白(ダイソーで購入)とホルベインの「クリスタルバーニッシュ」を1:1で混ぜます。ちなみになぜ白かと言うと、手元にある砂が海の砂浜の砂にしてはちょっと色が濃かったから。


そこへ砂を混ぜて盛り上げられる程度のペースト状にし、ベースに平べったく塗ってビーチチェアを乗せます。これが完全に乾燥したらアクリルの接着力でビーチチェアも固定されるはず。




なめこ文學全集(4)なめこでわかる名作文学 (バーズコミックス スペシャル) (バーズコミックススペシャル)
なめこ文學全集(4)なめこでわかる名作文学 (バーズコミックス スペシャル) (バーズコミックススペシャル)

拍手[0回]

Clear