忍者ブログ

memeoid 〜DANCE OF DEATH造型日記〜 フィギュア、特殊造型、特殊メイク、仮面、アクセサリーその他造型全般に関する製作記録。※画像・記事の無断使用及び転載禁止。

RSS TWITTER RssTwitter

衝動的に「なめこの巣×nicocafe」に行ってきた



10月19日〜20日の2日間、衝動的に東京に行ってきました。一番の目的は、現在池袋P' PARCOにて開催されているコラボカフェ「なめこの巣×nicocafe」の取材です。10月は忙しいから上京は無理かな…と思っていたのですが、次々にTwitterに上がってくる来店者の店内写真があまりにも可愛らしく、19日の始発の新幹線で行ってカプセルホテルに1泊して20日の最終の新幹線で帰ってくるという弾丸ツアーでした。この2日で「なめこの巣×nicocafe」を含むイベント3件に行き、映画を2本見て、西荻窪のアートショップ「ニヒル牛」の自分の出展ボックスのリニューアルと出展料の更新支払いをし、行きつけのバーに2件行き、最後に東京駅の「東京一番街 キャラクターストリート」でお土産を買えたのはもはや奇跡としか言いようがありません。

「なめこの巣×nicocafe」とは、なめこシリーズ最新作「なめこの巣」とニコニコ本社のカフェ「nicocafe」とのコラボカフェです。最近スマホゲーム界隈では既存のカフェとコラボする「コラボカフェ」が人気ですが、まだリリースされていないタイトルのコラボカフェはおそらくこれが初めてでしょう。というかこの「なめこの巣」、本当は今秋リリース予定だったのが急遽今冬に延期となったため、当初の予定では「リリース記念」的な催しとして想定されていたのかもしれません。既に詳細なレポート記事はvsmediaに掲載しているのでそちらをご覧下さい。

【レポート】どっちを向いてもなめこだらけ!なめこシリーズ最新作「なめこの巣」の世界観がいち早く楽しめる「なめこの巣×nicocafe」に行ってきた

ここでは上記の記事で使用しなかった写真の供養をしたいと思います。


んふんふ!(メタボ!)んふんふ!(メタボ!)
案内された席の斜め前に飾られていたメタボ体型のなめこのぬいぐるみ。2頭身がより強調されてぐうかわ!起き上がり小法師のような形状がキュート!このように店内には大きめサイズの様々ななめこのぬいぐるみが展示されており、自由に触れたり写真を撮っても良いシステムになっていました。ほとんどが現在入手困難となっているプライズ景品で、このメタボなめこも以前フリューがクレーンゲームの景品として展開していたもの。市販品と遜色のない出来で生地も起毛したしっかりした材質でした。というかもうかわいい!かわいいしか言葉が出てきません。もちろんこれらのぬいぐるみは持ち帰りNGです。誘拐ダメ!ゼッタイ!


期間限定イベントに度々登場する王様なめこの大型スタチュー。いつもだと同サイズの普通なめこのスタチューと一緒に登場しますが、今回はなぜか王様なめこスタチューのみの展示でした。というのも、王様なめこは「なめこの巣」に「オタカラ王」という固有の名前を持つキャラとして登場するから。ゲーム内ではお宝アイテムを保管する倉庫を担当するキャラのようです。早くプレイしたいなー。


何気に高そうな「なめこの巣」の主人公なめこ「タケル」の青いペンダント。見たところアクリル製のようです。「タケル」は、これまでのなめこシリーズに登場したレアなめこをベースとしていない完全オリジナルデザインの新なめこです。前髪があるので「なめこ先輩」の亜種ではないかという噂もオンライン上に散見されますが、なめこ先輩とは前髪の形状が違うし全くの別人(菌)とのこと。このペンダントにも何か機能のようなものが実装されるのでしょうか?それともただのアクセサリー?


これと同じペンダントは記念写真コーナー「なりきり撮影ブース」で実際に触ることができます。実際持ってみるとかなりのボリューム。






この「なりきり撮影ブース」は、様々な小道具を身に付けてなめこになりきって記念写真が撮れるコーナーで、「タケル」の装備やダンボールなめこさんの頭、なめこのご飯のレプリカが用意されていました。「タケル」のリュックのラベルがさり気なくなめこデザインのものに貼り直されていたりと結構凝ってます。なのにツルハシだけスチレンボード製なのはおそらく安全面への配慮でしょう。私はダンボールなめこさんの頭を実際にかぶってみたのですが、上半分の視界が完全に塞がれるので結構大変でした。これで長時間業務に携わっているダンボールなめこさん本人は偉い!是非とも特別手当が出ていて欲しいです。


店内モニターでは開発中の「なめこの巣」のプレイ動画や放送済みのNHK Eテレのアニメ「なめこ 〜せかいのともだち〜」の各エピソードおよびそのPV動画が放映されていました。


nicocafeの脇というか奥にある「ニコニコショップ」ではコラボカフェ実施期間中限定で様々ななめこグッズが売られています。vsmediaの記事には書いていませんが、私はここでブラインド仕様のアクリルスタンドと合わせて「なめこシロップ」も購入しまいた。「なめこシロップ」は店内でも試食できて、デザートの上にメイプルシロップ感覚でかけて食べると美味しいです。もちろん味は「なめこの味の再現」ではありません。みたらしシロップです。餅にかけてもいけるんじゃないかと思います。

もうどちらを向いても視界になめこの姿が入るという天国のような企画でした。他社のタイトルのように、好評を受けて2回、3回とまた開催されて欲しいです。たとえばコロプラのように地方にチェーン展開しているカフェとコラボするとか…。仙台くらいならすぐに行きます!

二〇十七 なめこの日めくり



なめこ図鑑Deluxe ゴツゴツ原木・色彩の原木編

拍手[0回]

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear